ラクトフェリン配合

ドッグフードも最近は腸内環境をとても重要視しているため、乳酸菌入りのものや食物繊維、オリゴ糖などが含まれているものもあります。そんな中にラクトフェリンが配合されているドッグフードも人気です。ラクトフェリンというと、もともとほ乳類のお乳の中にたっぷり含まれている、赤ちゃんへの恵みのタンパク質の一種ですが殺菌力も強く、腸内環境のためにも高い効果があると言われています。

ラクトフェリンは内臓脂肪を低減するということも知られており、人間の中高年にも人気のサプリです。わんちゃんも最近は栄養が良く肥満タイプも多くなっているので、ラクトフェリンはそのようなことにも期待がされているのです。ラクトフェリンは腸内に入ると、善玉菌の餌となるのでオリゴ糖などと同じような働きをしてくれます。

またラクトフェリンの性質上、鉄分と結び分子構造となっています。腸内では悪玉菌が増殖するときには鉄分が不可欠。ラクトフェリンはその鉄分と結びついてしまうことから、悪玉菌が増殖できなくなってしまいます。つまり善玉菌のお手伝いもしてくれるのです。また腸内で免疫力を高める効果も高く、腸内環境の乱れたわんちゃんには一石二鳥の成分とも言えそうです。

犬にヨーグルト

わんちゃんの腸内環境のためのヨーグルトについて考えてみましょう。私たち人間もわんちゃんたちも、当然腸内環境がとても重要です。そのため、ドッグフードに腸内環境に良い成分が含まれているものや、犬用サプリなどもあります。また人間ならヨーグルトを食べるということもありますが、わんちゃんにはヨーグルトはOKなのでしょうか。

まず腸内環境のためには、乳酸菌がとても効果的だと言われています。腸内に乳酸菌を入れていくことで、乳酸菌は善玉菌の一員として悪玉菌の増殖を抑える働きをしてくれます。ただし乳酸菌は時間とともに消滅していくので、毎日摂取することが健康な腸内を保つために必要となります。そのため人間なら毎日のヨーグルトがおすすめ。しかし犬にとって牛乳は絶対に避けたいものです。なにのヨーグルトは大丈夫なのでしょうか。

実は牛乳の中の乳糖を、わんちゃんは分解することができないのです。そのために牛乳は厳禁とされていますが、牛乳からヨーグルトになる課程で乳糖は分解されてしまうので、ヨーグルトはわんちゃんでもOKなのです。特に脂肪分の少ない低脂肪ヨーグルトを選んであげましょう。ただし与える量が重要です。人間のつもりで食べさせてしまうと下痢してしまいます。大体ティースプーンに半分程度を目安にして毎日あげるようにするといいでしょう。元気なわんちゃんのために、質の良いドッグフードと少量のヨーグルトは是非おすすめです。

腸内環境が気になる犬

腸内環境がとても気になるわんちゃんは、どういうタイプのわんちゃんなのでしょう。人間と同じように加齢とともに体内の善玉菌が減り悪玉菌が増えるという傾向があります。そのため老犬と言われる年齢に近くなったら、腸内環境が良い状態は続きにくいと考えた方がいいでしょう。これはわんちゃんにとって差があるというより、どのわんちゃんでも高齢になってくるとみんな腸内環境を考えてあげたいものです。

他にも個々のわんちゃんによっても、違いがあります。同じ犬種であってもそれぞれのわんちゃんによって、とても神経質でデリケートなわんちゃんもいます。また腸が弱い体質のわんちゃんだってもちろんいます。これは犬種で考えるより、それぞれのわんちゃんによって違うので、飼い主が自分のところのわんちゃんがどうかということを観察してみましょう。また引っ越しなどをして環境に適用していないような状態の場合も注意してあげたいものです。

このようなわんちゃんは、どうしても便秘がちであったり下痢と便秘を繰り返すなど、排便を意識していると腸内環境が分かります。そんなときには乳酸菌入りのドッグフードやオリゴ糖入りのドッグフード。そして餌とは別に乳酸菌サプリ(犬用)などをプラスしてみるのもおすすめです。