腸に良いドッグフード

腸内環境は人間の世界でもとても重要なことだと言われています。腸内研究では腸内環境によって、その人の今の状態、今後起こる可能性のある病気まで分かると言われています。そして腸こそすべての健康を司っているとも言われているのです。そしれこれは、わんちゃんにも当然当てはまるはず。愛犬の様子を見て、最近下痢や便秘が多くなったり、口臭が強くなったり、皮膚に赤み、痒みなどがでたりしていませんか。また毛並みが悪くなったりということはないでしょうか。このようなことが気になっている場合は、わんちゃんの腸内環境が悪い状態が続いているかも知れません。

そこでドッグフードにも腸内環境を考えたものが人気となっています。人間ではヨーグルトを食べたい、チーズを食べたり、発酵食品として漬け物を食べたりと、意識的に乳酸菌を増やすこともできます。しかしわんちゃんの場合は、ドッグフード意外食べさせることができません。とはいっても病院で乳酸菌サプリをもらってくるのも大変です。しかしドッグフードに乳酸菌などが配合されていると便利です。

腸の働きはまずドッグフードの栄養を腸から吸収する役割があります。それによってさまざまな栄養が細胞に届き、健全な代謝が行われ、エネルギーとして蓄えられます。そしてもう一つは免疫と腸の関係です。実は人間の腸内研究では腸内に、免疫細胞の60%以上が存在しているということなのです。つまり腸内環境が悪い状態でいると、免疫細胞も活発に働くことができません。つまり免疫が低下するので、皮膚病になったり、普段だったら散歩のときにも移らないような病気まで移ってしまうことにもなります。是非懲戒環境を考えたドッグフードを考えてみてはいかがでしょう。